読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18番地の蟹さん

蟹が見たサッカーの感想をはじめとした諸々の雑記。たまにアニメとアクション映画。個人的なメモとして。

福島ユナイテッドFC vs ガイナーレ鳥取

福島ユナイテッド

10月2日に福島ユナイテッドはホームとうスタでガイナーレ鳥取と対決。天皇杯での中断期間や湘南開催のホームゲームを挟んだりしたので福島でのリーグ戦は約2ヶ月ぶり。

福島は天皇杯2回戦で横浜F・マリノスと対戦し、敗れはしたものの延長戦までもつれる戦いを展開。そのことが自信に繋がったのか、リーグ戦再開後は琉球、長野に連勝。前節秋田に敗れたものの長期離脱中だったロドリゴや石堂が戦列に復帰するなどの朗報も。

 

そんなわけで久々の福島でのゲーム。スタメンはアレックス、蓮沼、高聖など若手が名を連ねるなど序列に変化が出てきた印象。パウロンは負傷してはいないものの戸川がCBのスタメンを奪取。ここら辺は鳥取のアジリティに優れるアタッカーに対して戸川の経験値の高さによる対応を期待した起用ですかね。

ちなみに8月の大分戦で茂木弘人Jリーグ通算300試合出場を達成していたそうなので試合前に茂木には花束と惜しみない拍手が送られました。

負ければ鳥取に勝ち点で並ばれると言う試合。久々のホームで勝ちたいところですが・・・

 

 

www.youtube.com

結果は1-2で敗戦。

うーん、75分間を数的優位で戦ったし、後半は完全にハーフコートゲームだったんだけどなあ・・・スタッツとかはこちら。福島のシュート数がアホみてえだなこれ・・・

 

開始早々にたたみかけた福島が次々とチャンスを作ったものの鳥取がファーストチャンスで先制。前半14分に相手DFが1人退場したものの、フェルナンジーニョが元からめっちゃうまいのにコンディションも良くて再三に渡って単独でアタッキングサードを攻略するもんだからアジリティで劣る岡田がやられまくっちゃいましてね。高聖と蓮沼の右サイドも狙い目にされてるしでなかなか苦しい前半。

特にフェルナンジーニョが別格過ぎて、鳥取はベタ引きしててもフェルが鋭い切り返しのドリブルとトリッキーなパスで次々とシュートチャンスを量産する圧巻の内容。

 

 広太達の素晴らしい連携から茂木がナイスシュートで福島ユナイテッドのクラブJリーグ通算100得点目を叩き込んだものの、今度は残念すぎるクリアミスからフェルに追加点を許し鳥取リードのまま折り返し。もう前後半それぞれ終了直前に失点するのはお約束ですね。セットプレーでまるで守れないのも大問題。結局ここで「ひたすら守ってドローでもいいや」という選択肢を与えてしまったのが痛かった。てかいくらフェルナンジーニョが凄いからって11対10になってからようやっと五分の試合が出来るってどうなんよ。

 

後半はフェルが早々に負傷したこともあってひたすらどん引き守備の鳥取。GK福島の好セーブもあって、広太のドリブル突破からのシュートも石堂の決定的なシュートも防がれる苦しい展開。次々送り込まれるクロスはことごとく味方に合わず、前ちゃんや蓮沼のミドルも虚しくゴールの遙か上に消えていき、とため息の連続。つーか樋口どこで何してんだちっともボールもらえねえな。俺が覚えてる後半の樋口はなぜか岡田からのパスをもらうためにゴール前からボランチの位置まで降りてくるぐらいだぞ・・・

結局後半ひたすらハーフコートゲームを展開したものの点が取れず。「セットプレーに人数は関係ない」とか言うけど福島本当にセットプレー下手くそだよなと。CKからヘッドで得点したのっていつが最後だろうか。あと毎回言ってる気がするんですけど、クロスに頼るような戦術取るならクロスの精度もうちょっと磨かないといかんのではないですかね。

 

最終的にパウロンを最前線に置いたけど今まで1度として成功してないパワープレーが実ることは無く敗戦。せっかく2000人以上の観客がきてくれたのにこんながっかりなゲームになるとは・・・

 

一応良かったところもありまして、同点シーンなんかは細かいパス交換で崩せてたし、アレックスと広太はガンガン縦を目指すから脅威にはなってたし、試合の立ち上がりは前からのプレスがハマってたし、アタッキングサードで人数かけられるような切り替えの早さとかがあればもっとパスコース作れる様な気はしたしで栗原サッカーが言い面も悪い面も一定の形を見せたなと。

 

それでは気になった選手についてちょこちょこと。

茂木・・・クラブのJリーグ通算100得点目を決めたのが福島県出身選手ってのは運命的だし、実際サイドバックでも攻撃性能は非常に高かったけど失点に絡むのはマイナス。そもそも鹿児島戦でもヘッドしたら誤審でPKにされるし大分戦もヘッドでバックパスしてボールかっさらわれるし今回もヘッドでクリアしたらミスしてかっさらわれるしなのでとりあえずお祓いでもしてもらおう。

 

レックス・・・強靱なフィジカルでポストワークをこなし、献身的なプレスから次々ボール奪取、前にスペースを見つければ猛然とドリブルで突撃しシュートまで持ち込むなどFWとしてやって欲しいことは殆どこなしてくれた。何より俺が俺がになりすぎず、味方にボールを預けたり、ゴール前のフリーの味方にラストパスを送りチャンスを演出するなど万能大型FWとしてメキメキと頭角を現してきた。あとはシュートがうまくなれば大化けするかも。

 

広太・・・果敢なドリブルとアタッキングサードでの閃きは健在。決定機に絡む回数は多いのでここぞという時の決定力が求められる。特に試合開始早々のシュートは決めたかった。あとサイドに流れたときのためにクロスも上達した方が引き出しが増えて良いかも。

 

蓮沼・・・柔らかく正確な右足のキックは確かな武器。これで相手の急所を突くパスをだせればなお良いのだが。割とおしゃれプレーも嗜好してるっぽいのでなんか完全に『右利きのドラ』って感じ。

 

福岡・・・圧巻の身体能力で面白いようにサイドを突破するんだけどそこからのクロスが残念なのがいかんともしがたい。守備も相変わらず危なっかしいのだが、求められるタスクをこなすためまずクロスの精度を磨くこと。

 

 

ちなみにこの結果によって今シーズン目標としてた昇格圏内に勝ち点が届かないことになりました。まあこのあたりは今更ではあるんですが、ここまで下位に落ち込むとも思わなかったなあ・・・とりあえずはセットプレーは攻守共にもう一度見直しが必要かと。あとはシュートもっと枠に飛ばしてくれ。今シーズンの守備についてはもう修正のしようが無い気がするというか時間が無いと思うので攻撃をとにかく磨いてくださいな。いよいよJ3ボトムズが見えてきたぞ。

それと、福島は極端に練習試合少ない気がするんですがチームのマネジメントとして意図的に少なくしてるんですかね?

 

あ、それとスタグルの赤黒ユナ丼がとても美味しかったのでそのあたりは満足です。あと応援ソング歌ってくれてるRANさんの歌声が(7月にきてくれた時も思ったけど)かなり力強くてスポーツ系のテーマソングとかすごく似合いそうだなあと。頼むから売れてくれ。試合以外の要素でも、様々な人たちが楽しませてくれるのは素晴らしいと思いました。