読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18番地の蟹さん

蟹が見たサッカーの感想をはじめとした諸々の雑記。たまにアニメとアクション映画。個人的なメモとして。

地域リーグから来た巨人

福島ユナイテッド

正直、速報性もないしただ駄文を垂れ流すだけなのに選手が1人移籍してくるたびに記事を書くのかなんて自分でも思ってはいるんですけども。個人的な備忘録って側面もあるのでね。気になった選手ですし記事にしておきます。

 

2016年2月16日、福島ユナイテッドへ、北信越リーグ1部のサウルコス福井からDF梅井大輝の完全移籍が発表されました。公式はこちらから。

 

梅井選手は194cmというパウロンをも超える長身。体重も88㎏となかなかがっしりしていそう。そして左利きで、CBやボランチをやっていたんだとか。8チームで争う北信越1部で14試合4得点と全試合に出場しなかなかに点を取っているようで得点力も期待できそうです。まあレベルの違いには多少戸惑うかもしれませんが。

 

他のJ3クラブの補強を見ていても、地域リーグから選手を連れてくるケースは何件かあるようです。僕も個人的に地域リーグから選手を引っ張って来ることができればなあとは思っていたのですが、このタイミングで即戦力を連れてくるとは。

 

地域リーグの選手であるため、あまり情報が多くないのですが梅井選手についてぼちぼちと調べてみました。

梅井選手は福井県出身サウルコス福井には2013年に加入。14年には主将を務め、15年は副主将を務めていたとか。地元出身選手であり、チームの顔となる選手であるため、スポンサーへの営業活動などもしていたようです。

登録はDFであるものの、2014年の全国地域サッカーリーグ決勝大会(以下、地決)ではMFとして全試合出場。2015年の地決でもMFとして全試合出場となっています。サウルコス福井ではボランチを主戦場としていたようですね。ということはある程度のボールの展開や運動量を持っていると考えても良さげなのかな。サウルコスがどんなサッカーやってるのかわからんのだけど。

 

梅井選手は1月にサウルコス福井を退団し、福島ユナイテッドの湘南でのキャンプに参加して契約を勝ち取りました。梅井選手本人のTwitterを見てみると、福井側から契約延長を申し込まれたものの本人が断っての退団のようです。梅井選手は福島への入団の際に「年齢的にもラストチャンスだと思う。」とコメントしています。梅井選手は現在26歳で、シーズン中に27歳となります。アスリートとしての身体能力のピークが基本的に30歳前後までだと思われるので、Jリーグでプレイするには身体が動くうちしか無いと考えたのではないでしょうか。

 

全くプレースタイルや能力が分からない選手なのですが僕は梅井選手に大いに期待しています。というのもまずウチにはCBを主戦場とする選手が、岡田、戸川、高聖、杉野、パウロンと5人もいるし、渡辺匠、小山内、福岡もCBでプレイ可能であるにも関わらず、新たにCBの選手として加入しているためです。ボランチとしての起用も考えられますが、これだけの人数を抱えるCBに新たに選手を加えるということは大きな戦力になるという確証があればこそなのではないでしょうか。まあ去年CBの選手5人いたのに3人も同時期に骨折するなんてことがあった反動かもしれませんけど。

梅井選手はガタイもいいし、評判も上々なので本当に期待しています。本人もラストチャンスと言葉にしていることから非常に意欲も高いように感じます。是非ともJ3の舞台で大活躍してもらいたい。

 

それにしても今年のCBは激戦区ですな。岡田を軸に激しいスタメン争いを展開して高め合って欲しいですね。

 

梅井のことを調べると色々と考えちゃうところはあるのです。彼が福島に入団に至るまで色々と葛藤もあったのでしょうが・・・サウルコス福井も今年は5度目の正直で地決を突破してほしいなあなんて思いました。

 

そうそう、余談なのですが、福井県出身の梅井選手がJ3リーグに所属する福島ユナイテッドに加入したことでJリーガーとなったため、Jリーガー空白県が無くなったとのこと。梅井選手には現役唯一の福井県出身Jリーガーとしていっそう奮起してほしいですね