読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18番地の蟹さん

蟹が見たサッカーの感想をはじめとした諸々の雑記。たまにアニメとアクション映画。個人的なメモとして。

福島ユナイテッドFC vs SC相模原

福島ユナイテッド

えーと、あんまり暇はないんですが、備忘録として一応書き残しておきます。説明会参加とかで忙しかったもので・・・

4月3日のJ3リーグ第3節、福島はホームで相模原と対戦。0-1で敗れました

www.youtube.com

 

まあこんな具合で、普通は2分以上あるJ3ハイライトも1分30秒弱に収まるような凡戦と言いますか・・・

 

石堂に替わって拓門、渡辺匠に替わって鴨ちゃんを中盤のスタメンに起用し、左SBには福岡、茂木は右SBに移るとメンバーを前節から入れ替えてきた福島。風上に立った福島は立ち上がりから一方的に攻め立て、失点のセットプレーまでは全く相模原にチャンスを与えないゲームを展開していたものの・・・失点後は相模原にペースを握られ盛り返せず。風下になった後半はロングボールも風に押し戻され有効なプレーも生まれず。特にチャンスらしいチャンスも生まれないまま試合終了。

申し訳ないんだがマジで後半の内容が思い出せないっす。なんか相模原がCKで密集の外にボール放り込んでボレーシュートとかいう工夫してたのは覚えてんだけども。それくらい福島は何もなかった。

 

なんというか、監督批判になりそうなんでアレだけど、4-3-3そんなに良いか?昨シーズン終盤の4-4-2じゃいかんのか?といいますか。選手の良さが結構消えている気がしちゃうんですよねぇ・・・

前線なんてはロドリゴポストプレー頑張ってるのは分かるし、実際悪くはないんだけどロドリゴの良さとか怖さって前向いて仕掛けるプレーとかだと思うんですよ僕は。まあそれで結果がついてこなかったから今みたいになってるのかもしれんが。あと樋口がずーっとサイドに張り付いてDFラインまで下がって守備してボールもらって前に運んでるんですけど、もはやそれを樋口にやらせる必要があるのかと。樋口とかいう本格派のストライカー連れてきたのにこんな使い方でいいのかと。トップに置いて裏狙わせるとか、ウイングでもダイアゴナルに走らせてボックス内で勝負させるとかいう使い方はしないのか・・・いや、こういう攻守に器用なことできる樋口をサイドで使いたくなるのはわかるけどもそれでいいのかと。

昨シーズンの2トップみたいにポストプレイヤーと裏狙うストライカーの組み合わせで良いと思うんだけどなあ・・・

 

まあしかし何より残念だったのが選手たちの勝ちへの執念が見えなかったこと。ビハインドでDFラインと中盤で横パスバックパスしてて点が取れるのかと。リスクを冒して仕掛ける選手も前へ出て行く選手もいないってのはよろしくない傾向じゃないすかね。風下でロングボールが使えなかったにしてもあまりにも攻め手が緩かったと思います。福岡とか再三縦に突破してたのに後半全然突破の選択肢持ってなかったし。やっぱり石堂や渡辺匠がピッチにいないと締まらないのかしら?

 

とはいえ福岡の突破力と攻撃力は数少ない収穫。ボールタッチの少なかった蓮沼もキビキビ動いていたので楽しみな存在です。鴨ちゃんもやっぱり器用だし戦術理解力高いんだろうなって思いました。しかし昨シーズン地味ながらもしっかり中盤を支えていた拓門は何でこんなに微妙なしあがりなのか。なんかフワフワしたプレーしてたのが気がかり。

ピッチ外のことでは岩代屋敷ダイオーさんの出してたオール福島産食品のソースカツ弁当がボリューミーかつ美味だったのが印象的でした。スタグルの新名物になる予感。あと、竹鼻GMがプレゼンターを務める『サッカーのミカタ講座』なんても面白かったし、観戦の手引きとしても良さげだったのでこれからも続けて欲しいですね。竹鼻さん喋るのうまいんだもんなあ。

 

さて次節は4月10日にホームで栃木SCと対決。J2からの降格クラブ相手なので厳しい戦いが予想されますが、負けていい理由にはならんのでしっかり勝ちましょう。負けたら最下位になるかもしれんぞ。

 

とりあえずは次節も楽しみです。アレックス出てほしいなあ。