読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18番地の蟹さん

蟹が見たサッカーの感想をはじめとした諸々の雑記。たまにアニメとアクション映画。個人的なメモとして。

近況のメモと開幕後の福島ユナイテッドの感想

備忘録 福島ユナイテッド

色々と書くのでちょっと長めになります。

 

えーと、一応僕も新年度から大学4年の就活生でしてね・・・企業のとこにぼちぼちと足を運ばなきゃならんのですよ。正直ですね、サッカー見に行ってる暇あんのかとも思ったり、こんなブログを更新する暇あんのかと思ってはいるんですが。まあ好きなことはやめられんのでなんとかやっていこうかと。

でも今後何年も福島ユナイテッドの試合行き続けられるように就活もしっかりやらんとなあ・・・しんどいしんどい。

 

 

試合はと言うと、3月13日の開幕戦はホームなので現地で観戦できまして。3月20日のアウェイ富山戦は富山のラジオ実況をインターネットサイマルラジオで聴きました。

 

僕は昨シーズン終盤に良い手応えのあった4-4-2をメインのフォーメーションにするだろうと予想していたのですが、開幕から2戦ともアンカー配置型の4-3-3を採用。GKは植村、CBが岡田亮太と戸川、SBは右が野田で左が茂木、アンカーに石堂、セントラルハーフが渡辺匠とドラ、ウイングは右が樋口で左が広太、CFはロドリゴという形でした。

ポゼッションサッカーを掲げているものの実際はロドリゴのポスト、キープを前提としたロングボールのこぼれ球をセントラル2枚とウイングが拾ってカットインやらクロスやらでチャンスをつくる感じのサッカーやってます。セントラルも高めの位置を取って高い位置でボールを奪おうという姿勢も垣間見えました。が、しかしウイングが守備時はかなり低い位置まで降りてくるのに奪ったボールをロドリゴめがけてバンバン放り込むからサポートのないロドリゴがロストしてまたカウンターを食らうという場面が多かったかなと。というか両ウイングの攻守にわたる上下動がかなり激しくて広太と樋口よくあんなに走るなと。

一方守備はセントラル2枚が前に出たところをかいくぐられるとアンカー石堂しかCBの前にいないもんだからバイタルがスカスカ。たぶんもっとDFラインを高くすればバイタルのスペースは消せるかもしれないけど、岡田と戸川のお世辞にも足が速くないCBでハイラインは自殺行為だと思うので・・・秋田戦では途中から渡辺匠ボランチに下げてドラをトップ下にしてたけどそっちの方が守備的には良いと思うなあ。

CBは戸川と岡田がしっかりお互いを補完しているもののやっぱり岡田のカバーリングは若干不安かなと。まあこの辺は今後の微調整で何とかなるレベル。

 

とにかくバイタルの管理がアンカー1人に任せきりなのはちょっとまずい。石堂の問題と言うよりは戦術の問題なのでセントラル2枚はもう少しバランスをとったポジショニングをした方がいいかもしれない。もしくは全体をコンパクトに保つか。あと攻撃への切り替えは奪ってすぐCFにロングボールばっかりだとCFが孤立するばっかりなのでロング蹴る前にもっと前線に数をそろえてからやるべきかなと。

個人的には4-4-2の方が機能しそうな選手層だと思うんですが・・・

 

あとはぼちぼち選手個人の開幕後の感想みたいなものを。

 

GK

33番 植村

危なげなくここまでこなしているのでおそらく不動のレギュラー。秋田戦の失点は打った方を褒めるべき。

 

DF

2番 岡田

相変わらず身体が強い。フィードも良いのでこのまま続けてほしい。あとは戸川がボール取りに行ったときのカバーにもうちょっと気を配れば完璧か。富山戦で苔口のシュートをブロックしたプレーは値千金。

 

3番 野田

相変わらず唐突に視野が狭くなってとんでもないミスすることはあるものの、やっぱり攻め上がったときは結構効きそうなアタッキングしてる。対人も悪くないと思うんだけど横パスかっさらわれるのは勘弁して欲しい。

 

4番 戸川

年齢を感じさせないプレーで個人的に一番びっくりした選手。的確なポジショニングでロングボールを跳ね返し、鋭い出足でインターセプトも。岡田共々CBの牙城は堅そう。秋田戦ではロングスローのこぼれ球に飛び込んでつぶれ役となり同点ゴールに絡んでいるのでやっぱりゴール前の得点力も期待できる。

 

MF

5番 渡辺匠

想像以上に動けてるし、どんどんボールを刈り取ってパスを出すので安東が抜けた影響を全く感じさせない活躍。ミドルシュートはあんまり狙わないタイプらしい。試合中は常に声だしてるのと監督と積極的に意見交換していたのが印象的

 

6番 鴨志田

今シーズンもポリバレント性を活かした起用は変わらない模様。困ったときの鴨ちゃん頼みは健在だがそれでいいのかとも思う。

 

8番 石堂

アンカーで攻撃の舵取り役を任されているものの守備の負担が大きすぎる印象。パスは結構良いの出してるのでもっと大きな展開とかもやって欲しい。

 

10番 金功青

左足のキックはやっぱり良いものを持ってるけどもうちょっとチャンスに絡んで欲しいというのが正直なところ。気迫のこもった激しいプレスは好印象。

 

14番 星広太

左ウイングでの起用。以前より攻撃的なドリブルが増えたか。フリーランや一瞬のテクニックは素晴らしいので得点力を上げていきたい。

 

15番 村岡

秋田戦では早速ロングスローが炸裂。しかしもう少し器用にならないとスタメンは難しいかも。

 

FW

7番 茂木

左SBでの起用。縦に入れるときにタッチラインに沿ったボールを出すため利き足ではない左足を多用していたり、秋田戦の同点ゴールも狭い中で2タッチしていたりと随所で格の違いを披露。

 

 9番 アレックス

実際にプレーは見てないけど、割と周りをしっかり見てるし簡単には奪われないキープとかしてるのでポストプレイヤーとしてはなかなか良さげ。次節からスタメンも狙えるか。

 

11番 金弘淵

サブに甘んじることになり、正直独力でどうこうする選手でもないので途中出場でもあんまり見せ場がなかったり。監督がCFに求める仕事内容からしてまずはポストプレー頑張るしかないか。

 

22番 ロドリゴ

精力的に最前線でチェイスやポストプレーをこなし、隙あらば反転シュートを狙うなどのプレーも披露。ただやっぱりもうちょっと周りを使って欲しい。正直ポストプレーやるより前向いて仕掛けてナンボの選手だと思うのは僕だけですかね。

 

40番 樋口

右ウイングでの起用のためゴール前での仕事が多くないものの、器用なキープや献身的守備が光った。でも個人的にはゴール前で勝負させてほしいなあ・・・

 

意外と、というと失礼かもしれませんが、ベテラン組の活躍が光った印象。同時に若手の突き上げがもっと欲しい。

 でも昨シーズンに恵太や広太が試合に出るようになったのは開幕して暫く経ってからだしね。気長に待ちましょうか。しかし拓門や福岡がここまでポジション争いで遅れをとるのは予想外でした。良いモノを持っている選手なので奮起に期待したい。

 

とまあ色々クラブに思うところも有ったり無かったりしますが、今シーズンもJ3楽しんでいこうと思います。就活さっさと終わりたいなあ。