読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18番地の蟹さん

蟹が見たサッカーの感想をはじめとした諸々の雑記。たまにアニメとアクション映画。個人的なメモとして。

どの範囲までのアクション映画なら食指が動くのかという自分への考察

ブログアカウントを取得してみて、一応はじめの記事を書いたりしてみたもののそれっきり全く手をつけてないということで、何とかかんとか記事を書いてみようなんて思いまして……

 

で、ふと思ったのが僕の食指が動かないアクション映画についてでして。まず、最近レンタルチェーン店でふと気になったのがスコット・アドキンス主演のゾンビ映画、『RE-KILL』ですよ。 

 アドキンスといえば卓越した身体能力から放たれるアクションが魅力の肉体派じゃないですか。僕としてもアドキンスにはなんとかブレイクしてほしいし応援しているつもりです。この作品、あらすじからしてアドキンスがゾンビをぶちのめしまくる作品だろうと期待できる訳ですが、悲しいかな僕の食指は全く動かないのです。

まず僕はゾンビがダメ。基本的にゴア描写とかは問題ありませんが、怖い物全般が苦手なもんで名作と謳われるジョージ・A・ロメロのゾンビものも観たいとは思っても全く手が出ないのですな…ゾンビものって過剰にハラハラしちゃうせいなのかどうにも耐えられないんですよね。無限に湧いてきてどんどん増殖するって怖いし気持ち悪いし。感染して自分もゾンビになるとか怖いし。まあドルフ・ラングレンが出てれば話は別なんですが。

 

バトル・ハザード [DVD]

バトル・ハザード [DVD]

 

 『バトル・ハザード』は近年のドルフ主演作品では結構面白い部類。ゾンビ相手にドルフとロボットが無双する!!

 

そしてさらに、僕がこの夏公開されたドウェイン・ジョンソン主演の『カリフォルニア・ダウン』にも全く食指が動かなかったのです。ドウェイン・ジョンソンも素晴らしくたくましい肉体をしているのでアドキンスほどではないにしても応援しています。しかしながら災害に人類が立ち向かうディザスター系のパニックアクションもほぼほぼ興味が無いと言いますか……あくまで僕は戦う系のやつが好きなんですかね?自然という困難に立ち向かうってプロットに魅力を感じない人間なんですね僕は。倒すべき悪意がいない戦いっていうのも興味が湧かないポイントなのかも。

 

この手のゾンビ系やディザスター系は好きな俳優が主演していても観る気がおきないんだなあと自分でもびっくりしました。たぶんドルフ・ラングレンが主演なら観るんだろうけど。

もし仮にルーク・ゴス主演作品あたりのゾンビなりディザスターが劇場公開されるようなら観に行かないこともないかもしれない……ルーク・ゴス主演作品が劇場公開とか今後は一生に一度有るか無いかだろうし。

 

結論としてはルーク・ゴス主演劇場公開なら食指が動かなくもないかもしれないというお話でした。